ワキガクリームは敏感肌の人が使うどうなる?注意したい点

MENU

敏感肌の人が使うとどうなる?ワキガクリームの注意点

敏感肌の人が使うとどうなる?ワキガクリームの注意点

 

ワキガクリームは敏感肌の人には色々な不安があると思いますが、肌のタイプに関係なくワキガ対策は必要です。肌がいくら丈夫でもデオドラント剤でかぶれたりかゆみが起こることはよくありますよね。敏感肌こそ使用するワキガクリームは慎重に選ばないといけません。

 

ニオイ対策は習慣的に続けることなので、自分の肌に合ったケア方法を選びたいですよね。様々なデオドラント商品があるなか、最近はワキガクリームの人気がブレイク中。そこで敏感肌の人が使用する前に知っておきたいいくつかの注意点を見ていきましょう。

 

ワキガクリームは敏感肌の場合はどうする?

  • 刺激成分をチェック
  • 肌に合わない時は使用を中止
  • パッチテストをする
  • 保湿成分配合で安全なタイプを選ぶ

以上4つの点を見ていきましょう。

 

ワキガクリームを敏感肌が使う場合にチェックする刺激成分

ワキガクリーム人気が止まらないなか、色々な肌タイプの人が利用を始めています。敏感肌タイプでももちろんワキガになる人はいますし、デオドラント剤選びはとても難しいですよね。

 

敏感肌はバリア機能が弱く外部の刺激にダメージを受けやすいことが特徴。ワキガクリームの質はそれぞれ違いますので、敏感肌が使う時はできるだけ刺激の少ないタイプを選びましょう。そこで知っておきたいのが添加物の存在です。主にトラブルを起こしやすいものとしては主に以下の成分に注意しましょう。

  • 香料
  • 石油系界面活性剤
  • 合成ポリマー
  • 保存料
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油

これらの添加物は1種類でなく数種類が配合されている場合が多いので、どれが自分の肌に一番負担になるか見分けがつきませんよね。敏感肌はできるだけ添加物を使用しないタイプを選び、安心して長く利用できるワキガクリームを選んでくださいね。

 

肌に合わない時はすぐに使用を注意すること

ワキガクリームを敏感肌が使った場合、もし成分が肌に合っているならば不快な症状は一起こりません。しかしかゆみ、湿疹、赤くただれるような症状がある場合は肌に負担がかかっている状態ですから、無理して使用は続けないでください。

 

気になる症状がある場合はすぐに使用を中止して、カスタマーセンターに相談するか、皮膚科で診察を受けることをオススメします。

 

またはっきりと体感する症状がなくても、ワキガクリームで敏感肌に刺激を与え続けると色素沈着を起こしてしまう場合もありますよ。肌の色が黒ずんだり毛穴が目立ち始める症状も、肌と相性があっていない可能性があるのでご注意ください。

 

使用する前はパッチテストで確認してから!

ワキはムダ毛の処理で剃刀を使ったり脱毛サロンに通うなど、とても負担がかかる部分。頑丈にできているような部位ですが、ワキはとても敏感でデリケートなのです。

 

ワキだけでなくデリケートゾーン、膝の裏など皮膚が重なりやすいところは、皮膚自体の厚さが薄くとても柔らかいことが特徴。汗で皮膚がさらに柔軟にふやけてしまうところに、石油系の添加物が入ってしまうとすぐに炎症を起こしてしまいます。

 

ワキガクリームを敏感肌の人が使う時は必ずパッチテストをして安全性を確認してください。子供でも使える人気タイプでも、種類によっては大人の肌に合わない場合もあります。パッチテストをするには返金制度があるワキガクリームがオススメ。購入する際に万が一のことを考え、返金制度についても正しく理解しておきましょう。

 

ワキガクリームで敏感肌でも使えるのは保湿成分配合タイプ

ワキガクリームを敏感肌が使う時は、ニオイ対策と肌環境を同時に改善できるタイプが理想ですね。一般的なスプレータイプのデオドラント剤は消臭効果だけを意識して作られていますので、肌にメリットになることよりもデメリットが多いといえるでしょう。

 

その点ワキガクリームは敏感肌にも良い保湿成分が配合されていますので、バリア機能を活性化するメリットもあるのです。敏感肌に合わないのは、汗を抑制するために肌を乾燥させてしまうタイプ。もともと敏感肌は肌のうるおい不足が問題になりますので、デオドラントでさらに肌を乾燥させては使う意味がありませんよね。

 

また皮膚の常在菌のエサになる皮脂やタンパク質を抑えるためにも、敏感肌は肌の働きを強化しながらニオイケアすることが大切です。そのためにも以下のような保湿成分を意識してワキガクリームを選んでみましょう。

  • ヒアルロン酸
  • コラーゲン
  • ビタミンC
  • セラミド

関連ページ

小学生の臭い対策の方法は?内側からのアプローチも重要
わきがの小学生にはどのような対策がいいのか、世の中には困っている親が大勢いると思います。でもわきがの小学生の対策、大人と同じにすればいいのか、それとも子供向けの方法があるのか詳しく知らない人も多いと思います。そこでどんな方法が効果的なのか、わきがの小学生によい対策で外側と内側からアプローチする方法をご説明しましょう。
わきがの人の特徴は?ニオイが強い理由を解説!
わきがの人の特徴といっても、年齢、性別、見た目だけでは判断できないですよね。もしかしたら自分もこんなニオイの仲間になっているのでは?と不安になる瞬間があると思います。人ごみのなかで恥ずかしい思いをしないためには、わきがの人の特徴をまずは理解しておきましょう。
ワキガクリームを比較したらわかった!クリームタイプがオススメなワケ
ワキガクリームは比較してから購入しないと、肌に合わない場合や消臭効果が弱いなど失敗する可能性があります。口コミで人気だからという理由だけででは満足できない商品も色々あるのです。ワキガクリームを比較するとわかることは、一般的な制汗剤にはない魅力がたくさんある点。そこで早速ですが、ワキガクリームの比較ポイントとクリームにすべき理由についてみていきたいと思います。
このページの先頭へ