ワキガクリームは除菌が命!菌を退治する仕組みについて

MENU

クリームは除菌が命!知っておきたい菌を退治する仕組み

クリームは除菌が命!知っておきたい菌を退治する仕組み

 

ワキガクリームは菌のブロックが主な働きのひとつになっています。スプレータイプやスティックなどのラベルを見ると、どれにも除菌効果について書かれてありますよね。人気のワキガクリームもニオイの元になる菌の働きを抑制する効果が高く、とくにワキガに特化した消臭作用が注目されています。

 

でも菌を退治する仕組みって詳しく理解していない人もいますよね。ワキガクリームには肌に悪い強力な殺菌成分が入っているのかも?と不安を抱く人もいるでしょう。そこでワキガクリームの人気ランキングを見る際に参考にしたい、殺菌の働きについてご説明したいと思います。

 

ワキガクリームの除菌とは

  • 肌の常在菌の働き
  • ワキガクリームの除菌成分の働き
  • 消臭をサポートする成分
  • 抑汗成分で効果アップ

以上4つの点を見ていきましょう。

 

肌に住んでいる常在菌っていいのも?悪いもの?

ワキガクリームの除菌効果を理解する前に、まず知っておきたいのが肌に住んでいる常在菌の存在です。すべての人が持っている肌の常在菌は、皮膚表面、毛穴の中に存在してその種類は20以上、数は数百億個もあるといわれています。

 

「菌」というとなんだか体には悪いように思われがちですよね。しかし常在菌のなかには皮膚を守る大切な良い菌も多く、代表として「表皮ブドウ球菌」があります。この菌は皮膚の角質の隙間に存在して、顔だけで数億個もあるといわれています。

 

表皮ブドウ球菌は肌トラブルの原因になる黄色ブドウ球菌を減らす抗菌ペプチドを生成したり、肌のうるおいとなるグリセリン関連物質の生成など美肌にとても欠かせない菌なのです。

 

これに対してコリネバクテリウム属の菌は、アポクリン腺の汗を好み分解させる際にあのツーンとした嫌なワキガ臭を発生させています。菌が増えるエサがあるから悪い常在菌が存在するわけで、ワキガクリームで除菌すればニオイをもとからフロックできるのです。

 

ワキガクリームの除菌は有効成分のおかげ!

ワキガクリームの除菌の働きは、成分に配合される有効成分のおかげです。ワキガはアポクリン腺の汗を餌にする特定の悪い菌をターゲットにした除菌が必要。そのため一般的な汗対策として使うスプレータイプではワキガ菌の対処はできません。

 

ワキガクリームで使用する除菌成分「イソプロピルメチルフェノール」はニオイを発生させるコリネバクテリウム菌を除菌する働きがあります。この菌はアポクリン腺の汗に含まれる脂肪酸を餌にしているので、アポクリン腺が少ない体の部位、またワキガでない人にはあまり存在していません。

 

イソプロピルメチルフェノールはとても強い殺菌力があり少量で効果を発揮するので肌に負担が少ない点が特徴。デオドラント剤以外では化粧品にも使用される除菌成分ですから、安全に使える点もメリットです。イソプロピルメチルフェノールの主な働きは

  • 防腐
  • 防カビ
  • 殺菌

などがあり、ハンドソープ、軟膏、傷消毒薬などでも使われています。

 

ワキガ臭を減らすサポート成分の効果とは

ワキガクリームの除菌の仕組みはメインとなる除菌の有効成分のおかげですが、イソプロピルメチルフェノールは過剰に使用すると肌に負担がかかってしまいます。

 

毎日使用するワキガクリームは刺激が強いと肌トラブルの原因になりますよね。そこで注目したいのがワキガクリームの除菌効果をサポートする天然成分なのです。たとえば緑茶に含まれるカテキン、柿シブなど消臭効果が高い植物などがたくさんありますよね。

 

これらの天然成分を配合することで、有効成分のイソプロピルメチルフェノールとバランスをとり肌に優しくワキガクリームが除菌効果を発揮できるのです。

 

除菌効果ばかりを意識すると肌の良い菌まで死滅するため、除菌の有効成分は含有量にも注意して肌の働きに害を与えないタイプがオススメです。

 

ワキガクリームは消臭と抑汗で攻める!

ワキガクリームは除菌作用がありますので、根本からニオイ予防ができます。しかし除菌だけではワキガ臭を完全に軽減できないってことをご存知でしたか。ワキは体温が高く通気性が悪いので菌が繁殖しやすいじめじめした環境がそろっています。

 

除菌成分を肌に塗っても100%菌が死ぬわけではありませんから、生き残った菌がアポクリン腺の汗を餌にして再び増殖してしまいます。

 

この悪循環を断つには汗の量を減らし菌のエサをなくすことも大切。ワキガクリームは抑汗成分が配合されていますので、菌と汗の両方からアプローチできることがさらに除菌にもメリットになっているのです。

 

ワキの汗シミって恥ずかしいですよね。汗かき体質もワキガクリームなら広範囲でのエチケットができるので、習慣的なボディケアとしてオススメですよ。

関連ページ

殺菌力と制汗力にこだわろう!
ワキガクリームは殺菌力と制汗力が重要なポイントです。ワキガの臭いの原因は、アポクリン汗腺から分泌される汗が、菌により分解されてしまうため。つまり、菌と汗を抑制できれば、臭いもかなり軽減できるのです。そんな殺菌力と制汗力に徹底的にこだわって、ワキガクリーム選びをしていきましょう!
お肌への優しさも要チェック!
ワキガクリームはお肌に直接塗布して使用するものですから、お肌への優しさ、というのは特に重視したいポイントの1つになります。せっかく臭いを改善できても、その結果、強い刺激によりお肌がボロボロになってしまうのは困りものですね。お肌への優しさ、さらには美肌ケアにまで着目したものを選べば、ワキをスキンケアしている感覚で、楽しみながらワキガ対策がしていけるでしょう。
ワキガクリームは使いやすさも重要!
ワキガクリームは、基本的には顔のスキンケアと同じような感覚で、毎日使っていくものになります。使い方が面倒だったり、難しかったり、使用感が不快なものだと、なかなか使い続ける気にはなりませんよね。実際に使ってみて、自分のライフスタイルに合った、「使いやすい」と思えるものを選んでおきましょう。
続けやすいものを選ぶこと!
ワキガクリームは、じっくり使い続けていくことが大切です。手術のようにワキガを根治させる方法ではありませんので、ワキガの臭いと上手に付き合っていくためには、ワキガクリームを使い続けなければならないのです。そのためには、長い目で見て継続しやすいものを選んでおくことも1つのポイントと言えるでしょう。
このページの先頭へ