ワキガクリームは生活にしてから使うのが効果的!

MENU

清潔にしてからワキガクリームを使おう!

ワキガクリームには高い殺菌力がありますが、雑菌がたっぷり発生しているような状態のところに塗布すると、その効果も実感しにくくなってしまいます。より効果的に臭いに対策していくためには、まずはワキを清潔な状態にしてから、ワキガクリームを塗布していきましょう。

 

清潔にしてからワキガクリームを使おう!

入浴後がベストタイミング

1日のうちで、最もワキが清潔になるタイミングと言えば、入浴後です。お風呂でワキを洗浄して、清潔にしてからワキガクリームを塗布していきましょう。

  • よく泡立てた泡で優しく洗浄
  • すすぎ残しのないようしっかり洗い流す
  • タオルで押さえ拭きしてよく乾かす

 

こうして清潔にした後に、ワキガクリームを塗布します。清潔にすることは大切ですが、「ゴシゴシ洗い」をする必要はありませんので、優しく丁寧に汚れを落としてから使いましょう。

 

汗をかいていたら?

汗をかいたタイミングなどで、ワキの臭いが気になり、ワキガクリームを使いたい時がありますよね。そんな時にも、汗をかいたままで塗布するのではなく、「まずは清潔にしてから」を心がけてください。

  • 清潔なタオルを濡らす
  • 汗を押し拭きしてからよく乾かす

こうして清潔にしてからワキガクリームを使用すれば、お肌にしっかり密着し、高い効果で臭いや汗を抑えてくれます。

 

朝、ワキガクリームを塗る際などにも、寝汗をたっぷりかいていますので、できるだけ押し拭きして清潔にしてからがベストですね。

 

濡れたままの使用はNG

ワキガクリームを塗布する際、清潔にするために水拭きしたり、シャワーを浴びたりしたのであれば、水分を十分に乾かしてから使用することも大切です。湿った状態というのは、どうしても雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。特にワキというのは蒸れやすい部分ですので、よく乾かしてから塗布することが重要なのです。

 

よく乾かしたワキに、ワキガクリームを適量塗布し、さらにワキガクリームのベタつきも感じられないくらいまで乾かしてから衣類を着ましょう。ベタついたまま衣類を身に着けると、臭いが悪化してしまったり、使用感が不快になる可能性大なので、「しっかり乾かす」ことはとても重要です。

 

乾かすのは面倒な過程の1つではありますが、よく乾いた清潔なタオルで押し拭きしたり、速乾性のあるワキガクリームを選ぶなどして、できるだけベタつかせないための工夫をしてみてください。

関連ページ

ムダ毛を剃ると効果が高まる!
ワキという部分には、ムダ毛が生えてきてしまいますよね。これをしっかり処理しておくことも、実はワキガクリームの効果を大きく左右するのです。女性としての身だしなみの1つでもある「ワキのムダ毛処理」。ワキガ対策の意味でも、徹底していきましょう。
使用量をしっかり守ること!
ワキガクリームは「大量に使えば効果が高まる」というものではありません。また、逆に「もったいないから少しずつ」という使い方をしてしまっても、イマイチ効果が実感しにくくなってしまう恐れがあります。使用量の目安をしっかり守りながら使っていくことも、大切なポイントですね。
臭いが気になる他の部位にも使ってみよう!
ワキガクリームの中でも、特にデリケートなお肌にも配慮されたタイプのものは、ワキ以外の臭いにも使用することが可能です。ワキガの臭いだけを抑えても、「他の部位の臭いが気になってしまう」という場合には、そんな「他の部位」にも使ってみましょう!
このページの先頭へ