ワキガクリームの効果的な使い方!睡眠がニオイ予防によい理由

MENU

睡眠がカギ!?クリームの効果的な使い方とは

睡眠がカギ!?クリームの効果的な使い方とは

 

ワキガクリームの効果的な使い方は、塗り方やタイミングだけでなく体のバランスを整えて根本からアプローチする点も忘れてはいけません。口コミ人気が高いクリーム、ワキガクリームの人気ランキングで上位の商品など、巷では色々と話題になっているワキガクリームがありますよね。

 

これらワキガクリームの効果的な使い方にぜひプラスしたいのが毎日の「睡眠」。寝不足だとニオイが強くなるのはなぜか、ワキガとの関係についてご説明しましょう。

 

ワキガクリームの効果的な使い方は

  • 睡眠と汗の関係
  • 睡眠の質を上げるコツ
  • 寝る前に使う

以上3つの点を詳しくみていきましょう。

 

睡眠時間が少ないとワキガが悪化する仕組みについて

睡眠時間が少ないと健康面で色々な悪影響があるのは皆さんご存知でしょう。ワキガも睡眠とはとても大切な関係があり、ワキガクリームの効果的な使い方としてぜひ知っておきたい点がいくつかあります。

睡眠不足によるワキガ悪化をもたらす理由には

  • 緊張性の汗
  • 消化不良
  • 病気のリスク

があります。睡眠不足になると自律神経が不安定になり交換神経が優位になった状態。するとイライラやストレスを感じやすく緊張性の汗をかきアポクリン腺が活発になってしまいます。

 

また睡眠不足は胃腸の働きを低下させるので、食べ物がうまく消化吸収されず体内にニオイ物質となる老廃物が溜まってしまいます。そしてもうひとつ、睡眠不足は高血圧、糖尿病などのリスクを高めるため汗の量や成分が病気によって変わってしまうこともありますよ。

 

睡眠は時間の長さよりも質が大切

ワキガクリームの効果的な使い方は、体自体がニオイを発生させないようにバランスを整えることが大切です。そこで必要になる睡眠ですが、質を高めるには規則正しい生活、定期的な運動、寝る前の準備などがポイントですね。

 

とくに寝る直前までスマホやテレビの明るい画面を見ていると、脳が刺激されて快適な眠りにはなりません。だらだら長く寝るよりも、毎日のリズムに合わせて7時間前後の睡眠をとるように心がけてください。

 

ワキガクリームの効果的な使い方は夜がポイント

入浴後は肌が清潔な状態なので、ニオイ原因となる菌の活動も少ないよいタイミング。ここがワキガクリームの効果的な使い方のコツになりますので、入浴後は必ずワキガクリームを塗ってから寝ましょう。

 

菌の活動を最大限に抑えるタイミングでもあり、寝ている間の汗対策としても効果的。ワキガクリームを使い始めの時は夜と朝2回の使用をオススメします。朝起きて使うときは、前夜からワキガクリームでしっかり菌と汗をブロックしておけばクリームの成分も効果を発揮しやすくなりますよね。

 

さらに睡眠の質が高くなれば汗の量も減りますので、さらにワキガ臭を抑制するにはメリットになるのです。

 

ワキガクリームは効き目を引きだすために、クリームの使い方だけでなく色々な角度からアプローチすることが成功の秘訣。睡眠は健康維持にも大切なので、ワキガ対策にぜひプラスしましょう。

関連ページ

清潔にしてからワキガクリームを使おう!
ワキガクリームには高い殺菌力がありますが、雑菌がたっぷり発生しているような状態のところに塗布すると、その効果も実感しにくくなってしまいます。より効果的に臭いに対策していくためには、まずはワキを清潔な状態にしてから、ワキガクリームを塗布していきましょう。
ムダ毛を剃ると効果が高まる!
ワキという部分には、ムダ毛が生えてきてしまいますよね。これをしっかり処理しておくことも、実はワキガクリームの効果を大きく左右するのです。女性としての身だしなみの1つでもある「ワキのムダ毛処理」。ワキガ対策の意味でも、徹底していきましょう。
使用量をしっかり守ること!
ワキガクリームは「大量に使えば効果が高まる」というものではありません。また、逆に「もったいないから少しずつ」という使い方をしてしまっても、イマイチ効果が実感しにくくなってしまう恐れがあります。使用量の目安をしっかり守りながら使っていくことも、大切なポイントですね。
臭いが気になる他の部位にも使ってみよう!
ワキガクリームの中でも、特にデリケートなお肌にも配慮されたタイプのものは、ワキ以外の臭いにも使用することが可能です。ワキガの臭いだけを抑えても、「他の部位の臭いが気になってしまう」という場合には、そんな「他の部位」にも使ってみましょう!
このページの先頭へ