ワキガクリームは用法・用量を守って使おう!

MENU

使用量をしっかり守ること!

ワキガクリームは「大量に使えば効果が高まる」というものではありません。また、逆に「もったいないから少しずつ」という使い方をしてしまっても、イマイチ効果が実感しにくくなってしまう恐れがあります。使用量の目安をしっかり守りながら使っていくことも、大切なポイントですね。

 

使用量をしっかり守ること!

ワキガクリームの適量をチェック!

ワキガクリームの適量は、商品により異なります。事前に、どの程度の量が目安なのかを確認してみてください。

 

使用量の目安としては、

  • お肌によく馴染む程度
  • 摩擦しない程度に塗り広げられる程度

と考えてください。

 

いつまでもベタベタしている場合は、使用量が多すぎるのかもしれません。逆にお肌に擦りこむ感じになってしまう場合は、量が少なすぎるのかもしれません。

 

滑らかに伸ばすことができ、ワキのお肌全体を覆うように塗布でき、しかもすぐにスーッと馴染んでベタつかないような量を使うのがベストです。

 

使用量を増やしても効果に変化なし!

「ワキガの強力な臭いをどうにかしたい」と、使用量を増やしてしまう方もいるかもしれません。ですが、ワキガクリームは残念ながら、使用量を増やせば効果が高まるということは無いのです。

 

それどころか、たくさん使用してしまうと、

  • いつまでもベタついて不快
  • 減りが早いのでコストがかかる

というデメリットもあります。

 

メーカーが推奨する使用量は、「最も実感しやすい量」をしっかり考えた結果のものですので、信頼して、目安の量を使っていくようにしてください。

 

使用量を減らすと逆効果かも!

ワキガクリームの使用量を減らしてしまうと、逆効果になってしまう恐れもあります。

  • 使用時にお肌を摩擦して刺激を与えてしまう
  • 十分な効果が得られずストレスになる

特に使用量が少ない場合、摩擦は深刻な問題です。ワキのお肌はとてもデリケートですので、できるだけ「摩擦」という負担を与えないように注意しなければなりません。そのためにも、スルスルと塗布できるだけの十分な量を使用していきましょう。

 

「ワキガクリームはコストがかかるから少しずつ使いたい」という方もいらっしゃるかもしれません。ですが、ケチケチ使用した結果、効果が実感しにくくなってしまえば、ますます「もったいない」ことになってしまいますよね。

 

十分な量を適切に使用していくことこそが、ワキガクリームを最も効率的に活かせる方法なのです。

関連ページ

清潔にしてからワキガクリームを使おう!
ワキガクリームには高い殺菌力がありますが、雑菌がたっぷり発生しているような状態のところに塗布すると、その効果も実感しにくくなってしまいます。より効果的に臭いに対策していくためには、まずはワキを清潔な状態にしてから、ワキガクリームを塗布していきましょう。
ムダ毛を剃ると効果が高まる!
ワキという部分には、ムダ毛が生えてきてしまいますよね。これをしっかり処理しておくことも、実はワキガクリームの効果を大きく左右するのです。女性としての身だしなみの1つでもある「ワキのムダ毛処理」。ワキガ対策の意味でも、徹底していきましょう。
臭いが気になる他の部位にも使ってみよう!
ワキガクリームの中でも、特にデリケートなお肌にも配慮されたタイプのものは、ワキ以外の臭いにも使用することが可能です。ワキガの臭いだけを抑えても、「他の部位の臭いが気になってしまう」という場合には、そんな「他の部位」にも使ってみましょう!
このページの先頭へ