すそわきがの対策をするべきかしないか?判断基準ポイント

MENU

デリケートゾーンの臭い対策!すそわきがの判別法をチェック

デリケートゾーンの臭い対策!すそわきがの判別法をチェック

 

すそわきがの対策をしている人は意外と少ないと思いますが、女性にとってはとても大切なエチケットです。デートの時に恥ずかしい思いをしないためにも、すそわきが対策をすべきかどうか正しく判断しましょう。

 

すそわきがのチェック方法

すそわきがは「外陰部臭症」という症状でデリケートゾーンにあるアポクリン腺から出る皮脂やタンパク質などの汗が、菌によって独特のニオイを発生させるものです。デリケートゾーンは下着や衣類で密閉されているため、雑菌が繁殖しやすいことが特徴。すそわきがと判断するのが難しい場合もありますよね。

 

そこでチェックしたいのはワキガと耳垢。どちらにもアポクリン腺が多く集まっていますので、耳垢がじっとり湿っている状態、もしくは黄色くなる場合はアポクリン腺が多いためすそわきがの可能性があります。

 

すそわきがはワキガ体質であることも多いため、ワキガ臭が強い人もすそわきがの対策は必然的に行ったほうがよいでしょう。

 

すそわきが対策がとても大切な理由

すそわきがの対策は普通のデオドラントでは完全にできません。アポクリン腺の汗と菌を退治するためには殺菌成分と制汗成分で対処しないといけないのです。

 

また女性のデリケートゾーンのニオイは汗だけでなく、性病や婦人病の症状としてニオイやおりものが急に増える場合もあります。すそわきがかどうか判断することは病気の早期発見にもなるというわけなのです。

 

もちろんニオイケアはエチケットとして欠かせないことですから、すそわきがはワキガ以上に女性にとっては恥ずかしい悩み。生理前になるとホルモンの変化によりニオイを発生しやすい時期もありますので、習慣的なすそわきが対策は欠かせませんね。

 

簡単にできる毎日のすそわきが対策

すそわきが対策はお風呂で体を洗うだけでは十分でないことをご存知ですか。人間の体が汗をかく以上、すそわきが対策は欠かせません。肌がデリケートなエリアなので制汗剤を使うにもどれがいいのか困りますよね。

 

ワキガクリームならアポクリン腺の汗と菌対策が同時にできますし、さらに保湿成分も含まれているので低刺激で小さい子供でも使用できます。

 

また下着で肌が摩擦されやすい部分なので、汗で流れやすいタイプや成分がこすれ落ちてしまうものでは効果が長続きしませんよね。その点ワキガクリームなら肌に浸透性がよいため、デリケートゾーンにも使いやすい点がメリット。スプレーなどの一般的な制汗剤よりも効果が持続するので塗りなおしも必要なく、安心して一日過ごせますよ。

関連ページ

「ノースリーブが着れない!」そんなときの対策技を伝授
ワキガだからといっておしゃれが制限されるのは辛いこと。でも電車のつり革を使ってわきが臭が漂ってしまうのも困りますよね。こんなジレンマを抱えている人は多いと思いますが、ワキガでもノースリーブを着る方法があるのです。ワキガでノースリーブが着られない人にオススメの対策方法についてみていきましょう。
欧米人のワキガ対策に学ぶ!コーヒーより緑茶がおすすめな理由とは
欧米人のワキガ対策はおもに市販の制汗剤を使うことが多いのですが、最近は体臭対策として緑茶が注目されています。コーヒーを習慣的に飲む人が緑茶に乗り換えているケースが多くなっているといわれていますが、欧米人がワキガ対策でコーヒーから緑茶に乗り換える理由はなぜか、今日からできる対策についてご紹介しましょう。
ワキガとバレないために!セックスの前に注意したい3つのポイント
ワキガだとセックスの際のニオイがとても心配になりませんか。デートでも一番気になるところで、ワキガのせいで恋愛できないなんて人も少なくありません。そこで安心するために知っておきたいのがワキガの人のセックス対策。3つのポイントをおさえておけばもう安心ですよ。
ワキガに急になるってホント?7つの理由を解説![アメリカ編]
ワキガに急になるなんてことがあるのか、ニオイケアに自信がある人でも不安になりますよね。でも体調やホルモンバランスなどで、ワキガに急になるということは実際にあるのです。ワキガに急になる場合の驚きの7つの理由、体臭ケアが進んでいるアメリカではどんな点が指摘されているか、驚きの7つの理由を参考にしてみましょう。
彼女・彼氏がワキガの場合は?うまく伝える方法を伝授!
彼女・彼氏がワキガの場合は?どうしたらいいのという悩みは意外と多くの人が抱えているでしょう。誰かに言われてしまう前に本来なら恋人の私が教えてあげるべき。そんな時はどうやって伝えるかがとても大切なポイントになりますよね。彼女・彼氏がワキガの場合はどうやってアプローチしたらよいのか、スムーズに伝える方法についてご説明したいと思います。
[夏のワキガ対策]汗とニオイを抑えるコツを解説
ワキガは夏だと毎日が不安になり、とくに夕方になると汗や皮脂などニオイの原因だらけで心配になりますよね。毎日シャワーを浴びてもそれだけではワキガ対策になりません。ワキガの人は夏はどんな方法で効率的なケアをするべきなのでしょうか。ワキガ体質にオススメな夏の対策方法についてご紹介しましょう。
[冬のワキガ対策]寒い時期も汗には注意!
ワキガは冬こそ油断しやすい時期で、夏のように汗をだらだらかかないので多くの人が汗対策をせずに生活してしまいます。しかしそこがワキガの冬の落とし穴なのです。外は寒くても私たちの体は汗をかき、ワキガ原因となるアポクリン腺からの汗は季節を問いません。そこでワキガの冬のケアとして汗対策についてみていきましょう。
このページの先頭へ